スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高種族値受けループ【シングル】

こんにちは、戎崎です。

今回は本業(であるはず)の受けループのパーティ紹介です。

ではあまり変わりばえしませんがメンツを。
ラッキー エアームド バンギラス クレセリア ボーマンダ ローブシン

最近よく見かけるバンギグライを組み込んだタイプの受けループではなく、ラキムドーを主軸にした受けループです。

それではパーティ詳細です。



ラッキー@進化の輝石
326-*-62-*-157-70(図太い4-0-252-0-252-0)
地球投げ/電磁波/身代わり/卵産み

エアームド@ゴツゴツメット
171-100-188-*-90-113(腕白244-0-84-0-180)
ドリル嘴/鉄壁/挑発/羽休め

バンギラス@拘りスカーフ
175-186-131-*-120-124(陽気0-252-4-0-0-252)
噛み砕く/岩雪崩/追い打ち/冷凍パンチ

クレセリア@残飯
223-*-177-110-151-105(図太い220-0-164-120-4-0)
サイコキネシス/冷凍ビーム/目覚めるパワー炎/月の光

ボーマンダ@竜の牙
191-171-103-139-90-152(やんちゃ164-4-20-68-0-252)
流星群/逆鱗/大文字/寝言

ローブシン@格闘ジュエル
意地っ張り205-211-121-*-87-66(196-252-44-0-12-4)
気合パンチ/ドレインパンチ/マッハパンチ/身代わり



全体的に種族値が高く、それぞれの見れる範囲があるていど広いのが特徴かと思います。

しかしスイクンやガッサなどが相手のパーティにいるだけで選出がかなり縛られてしまい、それらが相手のパーティに複数匹いた場合非常に苦しい選出を強いられてしまいます。

そのようなパーティが増えてきて、選出ゲーになってしまうことが多かったのが欠点でしょうか。

では個別詳細に移ります。



・ラッキー@進化の輝石

ラッキー

326-*-62-*-157-70(図太い4-0-252-0-252-0)
地球投げ/電磁波/身代わり/卵産み

みんなの肉壁ラッキーですね。

ガモスやグドラを処理しやすくなる電磁波、安定感抜群の身代わり。言うことありません。


・エアームド@ゴツゴツメット

エアームド

171-100-188-*-90-113(腕白244-0-84-0-180)
ドリル嘴/鉄壁/挑発/羽休め

最近のお気に入りの速いムドー。

サクラビスや遅めのパルにも上から挑発を入れられ、型によってはノオーに対してもドリくちを当てられます。

技は毒毒も仕込みたいのですが技スペが足りません。


・バンギラス@拘りスカーフ

バンギラス

175-186-131-*-120-124(陽気0-252-4-0-0-252)
噛み砕く/岩雪崩/追い打ち/冷凍パンチ

パーティ全体で低速気味だったのでスカバンでの採用。

高耐久超の処理を迅速に行うために噛み砕くを搭載し、噛み砕く追い打ち両立となっています。

そのため仕方なく馬鹿力を切ることになってしまいましたが、使い心地は非常にいいです。


・クレセリア@オボン

クレセリア

223-*-177-110-151-105(図太い220-0-164-120-4-0)
サイコキネシス/冷凍ビーム/目覚めるパワー炎/月の光

最高峰の格闘受けです。

バンギとのアンチシナジーを考慮すると敬遠されがちですが、特に問題なく運用できました。

配分は鉢巻A204カイリューの逆鱗2耐えまでHBに振り、残りをCに振ることでギャラの身代わりを高乱数で壊せるようにしました。


・ボーマンダ@竜の牙

ボーマンダ

191-171-103-139-90-152(やんちゃ164-4-20-68-0-252)
流星群/逆鱗/大文字/寝言

ガッサ対策枠。

ガッサ対策としてのマンダはピンポイントすぎるのであまり入れたくはないのですが、ほかにいい案がなかったので採用しました。

がんばって対ガッサ以外の役割を持たせようとしたところ、逆鱗を搭載することで素眠りスイクンを処理できるようになったマンダを採用することにしました。

流星群を打った後に出てきて特攻-2マンダを起点しようとする輩に高火力物理技を打てるのは強かったです。

配分は牙持ち状態でどの技でもポイヒガッサを1killできるようになっています。


・ローブシン@格闘ジュエル

ローブシン

意地っ張り205-211-121-*-87-66(196-252-44-0-12-4)
気合パンチ/ドレインパンチ/マッハパンチ/身代わり

補完枠。

バンギの格闘技を切ったので、バンギと相性のいい格闘タイプであるローブを採用しました。

ローブは有利対面を作った後にする交代読みがあまり安定しないというのが嫌だったので、ワンクッション挟める身代わり持ちを採用しました。

またローブの珠マッパ耐えのドリュウズというのがいるそうなので、それを崩せるジュエル。

ドレマッパ身代わりに加え、身代わりと相性がよくHB特化スイクンであっても2発で処理できるきあパンを採用しました。
ジュエルと合わせることで半減であっても大きな負荷をかけることが可能です。



受けループは被弾回数が多くなりがちでその分急所に当たりやすく、そこから崩されてしまうということが少なくありません。

それを未然に防げるグライを採用した受けループというのはとても理にかなっているのかなと思います。

またバンギグライを主軸とした受けループも考えてみたいです。

それじゃあこのへんで。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

戎崎

Author:戎崎
戎崎(えざき)といいます。
ポケモンやってます。

よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。