スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光の壁ガモス【シングル】

こんにちは、戎崎です。

今回はウルガモスの単体考察です。
ウルガモス

とりあえず型詳細です。

・ウルガモス@オボンのみ
控えめ172(92)-*(0)-86(4)-192(156)-143(140)-135(116)
火炎放射/ギガドレイン/蝶の舞/光の壁


最初に断っておきますが、このガモスは積みサイクル、積み技リレーと呼ばれるギミックに組み込む前提で考察していきます。

それでは考察に入ります。


ガモスの攻撃範囲というのは、3ウエポン確保したとしても歯が立たない相手が出てきてしまうことが以前から気になっていました。

龍や炎、水なんかが鬼門です。

それならいっそ2ウエポン+サポート技という構成のした方が強いのではないかと思いました。

そこに組み込むサポート技ですが、満たしておきたい条件は
・打つ相手が限られないこと(汎用性が高いこと)
・後続とのシナジーがあること
でした。

この条件を満たす技として、光の壁を採用をしました。

光の壁を採用するメリットとしては、
・裏のポケモンも特殊に強くなる
・単体での対特殊性能が向上する
などでしょうか。

壁を貼ることによって起点にできる範囲が広がり、選出や立ち回りが少し楽になると思います。

技構成は必須の蝶の舞、命中安定の火炎放射、アイデンティティとなる光の壁に加えて、壁を絡めることにより対水性能が上がったのでそれらを餌に出来るギガドレインを採用しました。

配分はHPを16n−4、B4振り、Sを最速70族抜きとし、DをC176ボルトのジュエルめざ飛を最高乱数切って耐えまで振り、残りをCに振りました。

ここまでDに振ることによってHCジュエルスイクンとの対面で
光の壁→ジュエルドロポン→蝶の舞→ドロポン→神速
をオボン込みで耐えて打ち勝てます。

またマンムーが意地っ張りであってもオボンのおかげで地震+礫を耐えることができ、耐久面はとても厚くなっています。

それでいてさらにCが192と、あるていど火力が確保できているので、無振りボルトを+1放射で最低乱数以外1発で仕留められるようになっています。

パーティは上記にあるように積みサイクルの面々と組ませるのがいいと思います。
パルやガッサ、カイリューと組ませると輝くでしょうか。

最後になりましたが、サポート技の候補を挙げておきます。

メタモンとの相性に優れ、ワンチャン残せる威張る(Swagger is God!!!)、対カバドリに特化した日本晴れ、拘りエースなどとシナジーのある追い風などでしょうか。

またこの光の壁ガモスを考察してから気づいたのですが、トゥりりりさんも光の壁ガモスを考察なさっていたのでこちらに貼っておきます。

ひかりのかべウルガモス(めざ草撲滅管理局関西支部)


それじゃあこのへんで。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

戎崎

Author:戎崎
戎崎(えざき)といいます。
ポケモンやってます。

よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。