スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲンガーナンスラッキー"影戯外道伝"【シングル】

影人形が嗤う時、淪滅の歯車が狂い出す――


こんにちは、戎崎です。

今回は僕が相手するときいつも苦戦するゲンガーナンスを組んでみました。

それではメンツと詳細です。

XYゲンガー XYソーナンス XYラッキー XYグライオン マリルリ XYメタモン
ゲンガー@ゲンガナイト
臆病167(252)-*(0)-81(4)-150(0)-95(0)-178(252)
[メガ進化時:167(252)-*(0)-101(4)-190(0)-115(0)-200(252)]
シャドーボール/滅びの歌/道連れ/守る

ソーナンス@オボンのみ
図太い296(244)-*(0)-121(252)-*(0)-80(12)-53(0)
カウンター/ミラーコート/アンコール/道連れ

ラッキー@進化の輝石
図太い326(4)-*(0)-62(252)-*(0)-157(252)-70(0)
地球投げ/電磁波/癒しの願い/卵産み

グライオン@毒毒球
腕白177(196)-115(0)-178(148)-*(0)-95(0)-136(164)
地震/岩石封じ/身代わり/守る

マリルリ@突撃チョッキ
意地っ張り196(164)-112(252)-100(0)-*(0)-100(0)-82(92)
じゃれつく/滝登り/アクアジェット/はたき落とす

メタモン@拘りスカーフ
生意気155(252)-*(0)-*(0)-*(0)-*(0)-47(0)
変身/×/×/×







身内のあいだで強いと囁かれていて、なおかつ僕が苦手とする構築ということで一度ゲンガーナンスを組んでみることにしました。

まずゲンガーナンスの基本ギミックについて触れておきます。

簡単に言うとゲンガーナンスで最低1:1交換を狙いつつ、隙があれば滅び+影踏みを絡めて数的有利を取っていく、という感じです。

このへんの説明は他のゲンガーナンス使いの方々の記事を参照にしてくださった方がわかりやすいかと思います。

僕はゲンガーナンスというと、周りを単体性能の高いポケモンで固めて対面で負けを減らすといったイメージがあるのですが、正直そのようなスタン寄りのパーティはあまりうまく組める気がしなかったので新たなコンボパーツを組み込もうと考えました。

そこで思いついたのが癒しの願いラッキーでした。ゲンガーナンスで欲しくなってくるクッションの役割をこなしつつ、擬似的にゲンガーナンスナンスという組み合わせを使うことができる点に魅力を感じました。

ゲンガーナンスラッキーという選出をした場合は、初手ゲンガーで1:1交換、ナンスでさらに1匹持っていき、ラッキーに交代して願ってナンスを復活させてラスト1:1で倒して勝ち、という流れを目指します。

実際はラッキーがクッションとして機能しなかったりナンスで持っていけなかったりしてなかなかこの選出はできませんが……。

とりあえずこの3匹をパーティの軸として周りを埋めていきました。

まずどうにもならないギルガルドの対処を考えました。以前身内が「ポリ2で対策してたら毒ギルガにボコられた」と言っていたのでどんなギルガにもほぼ確実に勝てる駒をいれようと考えました。

そして、いつも使っているギルガ対策であるグライオンを採用することにしました。アローやバシャ、バンギやキザンなどにも強めでラッキーと組んで受け回しができる点も評価しての採用です。

そしてこれら4匹の大きな穴を埋めるパーツとしてマリルリとメタモンを採用しました。

ゲンガーナンス、ラキグライ、ゲンガマリ、ラキナンス、ナンスメタモンなどの組み合わせが豊富で選出の柔軟性が高めなので、かなり気に入っている構築です。







それでは個別解説です。


・ゲンガー@ゲンガナイト

XYゲンガー

臆病167(252)-*(0)-81(4)-150(0)-95(0)-178(252)
[メガ進化時:167(252)-*(0)-101(4)-190(0)-115(0)-200(252)]
シャドーボール/滅びの歌/道連れ/守る


よくいる滅び持ちHSゲンガー。

パーティの主軸であり唯一のメガ枠ということで選出率は高め。

一応技構成はゲンガーナンスのテンプレですが、実際滅びの歌を使う機会はほとんどありません。

大抵重いのを道連れで強引に持っていってもらう役回りになります。

それはこのパーティの軸である3匹を選出したときに、上記にもあるような立ち回りをすることも関係しています。

滅び守るだともしかしたら持っていけないかもしれないというときは道連れをした方が安全で、そうしても勝てるルートを確保できているのですから、あえてリスクを負う必要はありません。
単純にチキンプレイに逃げておきたい、というのも理由のひとつです。

また相手からすると裏にメタモンが控えているかもしれないと考えると積み技を使いにくいはずなので、守るが非常に使いやすかったです。

技構成、配分ともにあえてテンプレから変更する必要性は感じませんでした。

一番打った技は間違いなく道連れです()


・ソーナンス@オボンのみ

XYソーナンス

図太い296(244)-*(0)-121(252)-*(0)-80(12)-53(0)
カウンター/ミラーコート/アンコール/道連れ


ゲンガーナンスの片割れ。

癒しの願いとの相性がよく、ラッキーとセットで出すことも多いのでほぼHBぶっぱ。
D方面は存外柔らかくなっているので気をつけましょう。

技構成も、状態異常が刺さっているわけでもないのでこれで安定だと思います。

基本的に反射技でほんの少しでもHPを残した状態で相手を倒したいのですが、そうもいかないことも多く道連れぶっぱせざるをえないシチュエーションも多かったです。

それでも1:1交換という最低限の仕事はしてくれるので便利でした。


・ラッキー@進化の輝石

XYラッキー

図太い326(4)-*(0)-62(252)-*(0)-157(252)-70(0)
地球投げ/電磁波/癒しの願い/卵産み

とうとう受けループ以外でも使うことになってしまいました。

今回はその圧倒的耐久を活かしたクッション及び復活役として働いてもらいます。

配分はクッションとしての性能を最大限高められるBDぶっぱ。

技構成は削り技としての投げ、採用理由でもある癒しの願い、ラキグライ選出で特に必要になってきて、詰ませ性能が跳ね上がる卵産みは確定です。
残る1枠には周りのメンツと相性がよく、先制で癒しの願いを打てる状況を増やせる電磁波としました。

過去ボルトメタモンナンスという組み合わせを使っていた経験から、特に電磁波とナンスとの相性がいいことは知っていました。

先制道連れに先制アンコととてもいやらしい動きができるようになります。

もちろんグライの痺れ待ちやマリルリが上から殴れるようになることも強力だと判断し、電磁波を搭載しました。

癒しの願いはナンスだけでなくマリルリやメタモンに繋ぐことで勝ち筋が見えてくることもあるので、そのときどきで柔軟に動かしましょう。

僕が使い方を熟知していることもあり、いい活躍をしてくれました。


・グライオン@毒毒球

XYグライオン

腕白177(196)-115(0)-178(148)-*(0)-95(0)-136(164)
地震/岩石封じ/身代わり/守る


ガルドやアローを見たり、ボルチェンの一貫を消すために登用。

技構成はガルドアローへの打点として地震封じ、電磁波や滅びとの相性を重視して身代わり、擬似的な回復ソースとしての守る。

身代わりについては電磁波とのコンボは言わずもがな、滅びを入れた相手に身代わり連打が安定行動となる点が大きいです。

配分は受けに繰り出すことが多いため腕白HBベースで、封じ後にメガゲンガーを抜け、素で最速メガバンギを抜けるまでSを伸ばしました。

ギルガに対して後出しが安定する数少ないポケモンであり、なおかつラッキーとの受け回しも強力で、なかなかよかったです。レートではTODを仕掛けられることも使いやすさに拍車がかかります。

ただメタメタとしての側面が大きいので選出率はそれほどでした。


・マリルリ@突撃チョッキ

マリルリ

意地っ張り196(164)-112(252)-100(0)-*(0)-100(0)-82(92)
じゃれつく/滝登り/アクアジェット/はたき落とす


上4匹の補完として採用。
悪水炎氷の一貫を消せ、相手のゲンガーに対面で勝てる駒として採用。
他にもサザンバシャバンギなどにも強かったりと選出率はかなり高いです。

相手のメガゲンが重くほぼ確実に初手に出てき、そのときに打ち合ってメガゲンを消耗させておきたいので持ち物はチョッキ。

配分はHAベースとして、Sをミラーで負けないように4振り60族抜きまで引き上げました。
こうすることでSに振っていないギルガポリ2バンギあたりも抜けてけっこうよかったです。

技構成はかなり迷いましたが結局チョッキマリルリのテンプレになりました。

グライが呼ぶパルシェンが重いので滝登りを馬鹿力に変えることも考えましたが、滝登りの汎用性、パルの少なさ、メタモンでなんとかなるかもしれないこと、馬鹿力の打つ相手の少なさなどを考えた結果、最終的に滝登りに落ち着きました。

レート環境で使うことは初めてだったのですが、恐ろしく強かったです。


・メタモン@拘りスカーフ

XYメタモン

生意気155(252)-*(0)-*(0)-*(0)-*(0)-47(0)
変身/×/×/×

相手の積みエースのストッパーとなることを期待して投入しました。

が、相手もメタモンを警戒して積み技を使ってこないこともあり、メタモンが腐り気味になってしまうことがあったので、ここ最近は専ら見せポケと化していました。
ただ、相手の選出や立ち回りを制限できているのでよしとします。

もちろん選出しても活躍できる場は多いです。
ゲンガーナンスと組み合わせて対面的な動きをできたり、ラキグライと組み合わせればさながらメタモン入り受け回し構築のような動きをできたりします。

僕自身メタモンの使い方が下手で、本来はもっと活躍させられたように感じます。
選出率は低いですが、勝率には確実に貢献してくれていたと思います。







今回のパーティは特にお気に入りの構築ということでまたまた厨二ネームを付けてさせていただきました。

厨二ネームを考えるにあたって相談に乗ってくださったDA天使さん、本当にありがとうございました。

また僕のゲンガーナンスに対する知識や理解を深めるのに手伝ってくれたもそやにもここで感謝の気持ちを述べたいと思います。ありがとう。

それじゃあこのへんで。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ハッサムは切っていますか?

Re: タイトルなし

> ハッサムは切っていますか?

そうですね。
ゲンガーやグライで積み技を誘ってメタモン、という方法で突破できたこともありますが、なかなかそう簡単にはいかないので切っていると思っていただいて構いません。

No title

構築を紹介する際に
その構築でどのような結果を得られたのか
参考程度に教えて頂きたいです。

オフ・レート問いません。

Re: No title

> 構築を紹介する際に
> その構築でどのような結果を得られたのか
> 参考程度に教えて頂きたいです。
>
> オフ・レート問いません。


このパーティはあまり長い期間使っていたわけではないので特筆するほど素晴らしい結果はないのですが、レートでは勝率7,8割で1930前後、オンライン大会では準優勝(32人規模程度)、チーム戦で個人3-1チームベスト4(32チーム程度)、オフ会では使用していません。

今後は記事にも載せるようにします。
ご意見ありがとうございます。


特に大した成績も出したことがない癖に偉そうなことは言わない方がいいですよ

Re: タイトルなし

> 特に大した成績も出したことがない癖に偉そうなことは言わない方がいいですよ

偉そうに言っているつもりはないのですが……。
文体などが気に障られたならすいません。

No title

癒しの願いラッキー面白そうですね!
参考にさせていただきます

Re: No title

> 癒しの願いラッキー面白そうですね!
> 参考にさせていただきます

ありがとうございます!
実際使っていてもおもしろい技なのでぜひ採用してみてください。

No title

やはり同じことを考える人いるものですね…w
自分もゲンガーナンスラキグライまで一緒でそこにチョッキブシンと霊獣ボルト入れて使ってます
鬼のように挑発舞ギャラドスがきついのでメタモンいいですね
プロフィール

戎崎

Author:戎崎
戎崎(えざき)といいます。
ポケモンやってます。

よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。