スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラッキー考察(概念)

こんにちは、戎崎です。
今回はラッキーについての単体考察を行っていきます。

ラッキー


早速本題に入ります。受けループのラッキーの役割は大きく分けて2つあります。それは

1)詰ませエース
2)クッション

それではそれぞれについて解説していきます。

1)詰ませエース
これは僕がそう呼んでいるだけなので呼び方は何でも構わないのですが、大切なのは"詰ませ"の部分です。

相手の物理を他で倒し、こいつを突破できなくするやり方です。その場合は詰ませ性能を上げるために小さくなるの採用も考えられます。

しかし今のたいていのラッキーは2)の使い方をされます。理由はラッキーで"確実に"詰ませられる相手が少なくなっているからです。

確実に、と強調したのは最近見る特殊は型が多く場合によっては簡単に突破されてしまうこともあるからです。

例を挙げるとゴツメボルトや零度ノオーなどでしょうか。当然、10万/ボルチェン/めざ氷/電磁波のようなボルトには何の問題もなく勝てますし、フルアタノオーなどにも負けることはまずないでしょう。

しかしフルアタだと思っていたのにそうでなかった場合は、突破されてしまうかもしれませんよね。

だから今は詰ませエースとしてのラッキーは使いにくいのです。


2)クッション
こちらは受けループ以外にも入ってくる一般的なものだと思います。

特殊に対して出ていき、相手の引き際に地球投げや状態異常技で負荷を与えていく。脅威的なまでの指数を活かして施行回数を稼いでいきます。

これについてはこれといって解説は必要ないと思います。


ラッキーの配分や技構成はまた違う記事にしたいと思います

それじゃあこのへんで。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

戎崎

Author:戎崎
戎崎(えざき)といいます。
ポケモンやってます。

よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。