FC2ブログ

Pokkén Netという情報サイトを作った話

半年くらい前にPokkén Net(https://pokken-nhttps://pokken-net.gameset.games)というポッ拳の情報サイトを作った。
その体験を忘備録として残しておく。最初に断っておくが、ただの独り言だ。
概要

サイト:https://pokken-net.games
サーバー:さくらのレンタルサーバー
ドメイン:お名前.com
使用技術:WordPress, HTML, CSS, PHP, MySQL
協力者:多数


ことのはじまり

最初にポッ拳の情報サイトを作ろうと思ったのは1年くらい前だったと思う。SmashLogというスマブラの情報サイトを見つけたのがきっかけだった。

そのときポッ拳には情報サイトらしきものはポッ拳wikiしかなかった。wikiというのは誰でも書き込めるという性質上情報の質や信憑性に欠けることや内容の充実が何処かの誰かに委ねられているという儚さが問題だと感じていた。

そこでこのSmashLogのポッ拳版があればいいのになあとぼんやり感じたことを覚えている。
ただこういったサイトを運営するにはその界隈内でそれなりのコネクションがないとライターを集めることはできないし、今の自分にはできないなと思った。またそのときはちょうどポッ拳ロビーという別のWebサービスを作成している最中だったこともあり、他の人が何か作らないかなあと願ったりしていた。


きっかけ

ポッ拳ロビーの運営やメンテナンスに奮闘し、大学のテストをパスし夏休みになった。
夏休みは時間があったが目標としてとりあえずTOEICの勉強をしないとなと思い、8月中はほぼずっとTOEICの勉強をしていた。それも一段落し、暇になったころにだらだらと本屋を歩いていた。

ポッ拳ロビーで味をしめた僕はまた何か作ったら結構喜んでもらえるんじゃないかと思い、プログラミングの参考書エリアを眺めていた。そこでなんとなくWorsPressの参考書を手に取ったのがきっかけだったと思う。
中身をパラパラを読んで、これはもしかしたらSmashLogで使われているソフトウェアなんじゃないかと思い少し調べてみた。あたりだった。

時間はあった。参考書を少し読んですぐ作れそうだった。ちょうどポッ拳ロビーやオンライン大会を主催していたおかげでポッ拳コミュニティ内のコネクションも少しならあった。

やってみようと思った。

実際にやってみれば本当に簡単で、今のサイトの8割くらいは9月14,15日の二日で仕上げたものだ。あまりにあっさりできて逆に不安になったりもしたが、同時に本当にやるのか?という気持ちにもなった。

これから協力者を集めなければならない。しかも週一で記事を寄稿してもらうとなるとかなりの負担になる。そう簡単に了承してもらえるものではないだろう。人をまとめるとなると管理人としての責任もつきまとってくる。ポッ拳ロビーのように自分勝手にはできない。
もし協力者がうまく集まってもサイトの運営をしていかなければならない。いつまでやれるのか、いつまでやるのか。

いろいろと不安なことはあったが、やろうと思った理由はふたつあった。

まずひとつが自分以外にこのようなサイトを作ろうとしている人がいない(ように見えた)こと。このような情報サイトを作るだけの時間と技術がある人は限られている。僕はそのどちらもあった。僕がやらなくて誰がやるんだという思いもあった。

もうひとつはポッ拳というゲームの先が見えなかったこと。アップデートも行われなくなり、当時は来年(2019年)のWCSにポッ拳はあるのかどうかもわからない状態だった。もしWCSもなくアップデートもなければ人口流出は避けられないだろう。1年後にポッ拳コミュニティは存在しているのかも怪しいとさえ思っていた。エルムさんがよくおっしゃるように、ポッ拳にとって2018年、2019年はふんばりどころだった。だから今やるしかない、と思った。


サイト公開まで

そうと決まれば腹をくくって協力者集めである。SmashLogのようなものを目指すなら、ライターはトッププレイヤーや大会運営陣が最高だろうと思った。

そんな中最初に相談したのはエルムさんだった。多忙であろうし、すでに日本最大規模のオフライン大会の主催をしている方に協力を仰ぐべきか迷ったが、先ず隗より始めよ精神で声をかけたところ快諾いただきライターとして参加いただくことになった。

同時にモモさんやたわしさんにも相談し、幸運なことに思っていたよりずっとはやく初期メンバーが揃った。毎日更新は難しかったが、平日更新は十分可能な人数が集まってポッ拳コミュニティの熱を感じた。

人数集めと並行してサイトの整備をしていった。見栄えをもう少しましにするためにCSSをいじったり、サイト離脱率を下げるために機能を追加したり、SEO対策用のプラグインを導入したりした。またSEOの勉強もこのときにした。CSSにはとても苦しめられた記憶がある。もう可能な限り触りたくないシロモノである。

公開はなるべくはやくということで10月頭に設定し、そこに間に合わせるために手配した。かなり忙しかったがなんとか間に合わせることができた。

この段階で一番の後悔といえばドメインの取得をお名前.comというサービスで行ったことである。登録が面倒だったり手順がわかりにくかったり営業のメールが毎日来たりとまるでいいことがなかった。
もう使うことはないだろうが、今回お名前.comを利用したのはドメインに.gamesを使用したかったからである。これは2018年1月から使用できるようになったもので文字通りゲーム関係のサイトに使われるものである。
ぶっちゃけ.comでよかった。普通に。まじで。今も後悔している。

後悔といえばサイト名はこの時期に僕が一人で決めたものなのだが、今年の正月に実家に帰省したときに姉に「ポッ拳ロビーもポッ拳ネットもネーミングセンスない」と言われ地味に傷ついた。


サイト公開後

ここからが一番大変なところである。
ソシャゲも公開してからが本番とよく聞くが、サイトも似たようなものである。

ライターの方々に記事作成の仕方を教えたり、ゲストライターの手配をしたり、サイトのエラーを直したりとやることは盛りだくさんである。しかも10月中は僕もメインライターとして週に1度記事を投稿していたので大変だった。

細かい仕事が多くあまり記憶に残っていないが、たびたびライターの方々には迷惑をかけていしまっていることは覚えている。申し訳ない...

中でもライターの方々に迷惑をかけたな、と思ったのはWordPressのアップデートを行ったときだ。セキュリティやプラグイン対応のことを考えるとアップデートするべきなのだが、WordPressがメジャーアップデートをしやがったせいで記事作成画面が大きく変わってしまったのだ。その結果思うように記事が作成できないという状況になり、とても迷惑をかけてしまった。あれは本当に申し訳なかった。
今はプラグインを導入し記事作成画面だけ以前のものにしている。


今後

今ではサイトの関係者も増え、僕の仕事を徐々に減らしていく方向で進めている。来年度から僕も大学の研究室配属となり、今ほど時間を割けないだろうと考えてのことだ。いすれは僕の仕事がゼロになればいいなと勝手に思っている。その暁にはまた新しい何かを作ることだろう。

またライター各人の負担をなるべく下げ、新たな活動に目を向けられるようにしたいと考えている。たわしさんがオンライン大会を運営してくださったり、クロスいがらしさんがYouTube配信をなさったりしているのはコミュニティにとってとてもいいことだと感じているし、このように多方面で活躍していけるようにしていきたい。

ライターに関してももっとたくさんの人に記事を書いていただければなと思っている。目指すはポッ拳勢の共同ブログである。それくらい気軽に情報を発信できる場にしたい。

日陰者で嫌われ者の管理人というポジションだが、これからもそれなりにがんばっていきたい。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

戎崎

Author:戎崎
戎崎(えざき)といいます。
ポッ拳やってます。

よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR